シネジック株式会社

パネリード・タルキックなど、高品質な建築用ビスのご提案

パネリードII+ タルキック デッキワン ネダノット コンフィット ジョイテクト デッキワン
ビス一本で垂木留め タルキック
タルキックⅡトップページ 特長 サイズ選定 使用上の注意点 タルキックⅡへの質問
よくある質問
ひねり金物は必要ないの?
アンサー

タルキックを使用した場合、ひねり金物は必要ありません。
タルキックⅡはひねり金物(ST-­12)の代わりに、タルキックSはひねり金物(ST-­12、ST-­15)
の代わりになります。
いずれも性能評価を実施し、吹上耐力を確認しています。

 
くら金物の代わりに使えるの?
アンサー

くら金物と同じ耐力はありませんので代わりには使えません。

 
タルキックⅡとタルキックSはどこが違うの?
アンサー

製品のねじ長(S)と頭径(D)規格の違いにより、吹上耐力はタルキックⅡが
1.4kN、タルキックSが2.2kNと異なります。必要耐力に合わせてお選びください。

在来工法の垂木留めにも使えるようになりました

試験成績書をダウンロードしてご利用ください。

※1

※2

※3,4

 
試験成績書に全サイズのビスが載っていないのはナゼ?
アンサー

タルキックの構造上、長さが違ってもねじ長と頭部径が同じなので
1つの試験成績書で運用できます。

 
釘(2本斜め打ち)は必要ないの?
アンサー

タルキック1本でひねり金物の代用となります。更に釘を打つ必要はありません。
なお、構造計算を行う場合は原則として釘(2本斜め打ち)が必要ですが、タルキックⅡを用いた床(屋根)倍率評定を利用することで釘の省略が可能となります。詳しくはお問い合わせください。

 
軒先だけに打てばいいの?(棟や母屋には打たなくていいの?)
アンサー

ひねり金物の代わりとしてお使いいただく場合は、打つのは軒先だけです。
もちろん棟や母屋に打っていただていて問題ありません。

※構造計算など床倍率を考慮する場合は別途検討が必要となりますので詳しくはお問い合わせください。

 
一棟あたりの使用本数を教えてください
アンサー

ひねり金物の代わりとしてお使いいただく場合は、垂木の本数(ひねり金物の枚数)と同じ数量です。
(例)垂木間隔455、建坪30、切妻屋根で、約50本。

 
垂木幅には条件があるの?
アンサー

垂木幅は38㎜以上で性能確認をおこなっておりますので、原則として38㎜以上です。

 
2×8材や2×10材のような垂木成が155㎜を超える場合、タルキックⅡは使えますか?
アンサー

使用できる場合がありますので、ご相談ください。

 
屋根勾配の制限はあるの?
アンサー

急勾配や軒の出の少ない場合はネジ部が軒桁から出ないよう、
打つ箇所や長さの選定にご注意ください。

※条件によっては施工上、制限される場合もあります。
詳しくは「サイズ選定」のページをご覧ください。

サイズ選定
 
軒の出のないところでは打ちにくいのでは?
アンサー

軒先から勾配方向にずらして打ってください。
ネジ部が軒桁から出ないよう、タルキックの長さの選定にご注意ください。

サイズ選定
 
野地板の上から使えますか?
アンサー

野地板の上からもお使いいただけます。
野地上施工用の試験成績書がございますのでダウンロードしてご利用ください。

※ビスの長さ選定や打ち込み位置にご注意ください。
タルキックSは野地板の上から性能評価を行っていないため、お使いいただけません。野地板を貼る前に垂木から施工してください。

野地上施工用吹上試験成績書
 
垂木の側面から斜めに打ってもいいの?
アンサー

垂木に対し上から垂直に打ってください。

 
枠組壁構法(2×4工法)でも使用できるの?
アンサー

タルキックSは枠組壁構法での性能評価を行いあおり止め金物(TS)と同等以上の吹上耐力を確認していますので安心してお使いいただけます。

※タルキックⅡは枠組壁構法では使用できませんのでご注意ください。

お問い合わせはこちら
 
「申請書類等に使用の旨を明記してください」とは?
アンサー

タルキックは施工後、野地板や屋根材を貼ってしまうと目視による確認ができなくなってしまいます。
中間検査の確認方法を取決めしてください。

※ご不明な点がございましたら当社へお問い合わせください。

 
タルキックⅡを使って床倍率を検討したい
アンサー

タルキックⅡは品確法上の床(屋根)倍率の算定が可能です。第三者機関の評価を取得しており安心して運用していただけます。詳しくは当社へお問い合わせください。

タルキックSは床(屋根)倍率の性能評価を行っていないため床倍率の検討はできません。

お問い合わせはこちら
 
認定はありますか(Zマーク、大臣認定など)?
アンサー

Zマーク等の認定は性能が優良であることを示す一つの基準であり、これ以外でも性能が優良であることが確認できれば使用できます。
性能評価を実施して、タルキックⅡはひねり金物(TS-­12)と、タルキックSはひねり金(TS-­12、TS-­15)と同等以上の吹上耐力を確認しておりますので安心してお使いいただけます。また、垂木接合に関して大臣認定は存在しません。

 
住宅金融支援機構から融資を受ける物件でも使用できるの?
アンサー

支援機構の仕様の中でZマーク金物は一例として挙げられており、
「それ以外でも優良な金物を選択すること」と記載されています。
性能評価を実施して、タルキックⅡはひねり金物(TS-­12)と、タルキックSはひねり金物
(TS-12、TS-­15)と同等以上の吹上耐力を確認しておりますので安心してお使いいただけます。

タルキックⅡトップページ 特長 サイズ選定 使用上の注意点 タルキックⅡへの質問

お問い合わせはこちら

タルキック

お問い合わせはこちら

ネジジャーナル

ネジギャラリー

ねじブログ

THEネジPark

オンラインカタログ

共同開発例について

未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25

ウルト社製品のご紹介

シネジック株式会社 TEL022-351-7330 FAX022-351-7335
〒981-3341 宮城県富谷市成田9-1-19

Copyright (c) SYNEGIC Co.,Ltd. All Rights Reserved.